セミナーで元を取れる人の割合

5月はセミナーや講演会でお話をさせて頂く機会が多くありました。
「せっかく時間を作って参加してくれた方に何かしら持って帰ってほしい。」
講演者は誰しもが思っていることだと思います。
では、セミナーや勉強会に参加した方で、
実際に実行に移している人の割合って何パーセントか知っていますか?
実際のデータではないのですが、約4%だと言われています。
この数字の根拠ですが、
セミナー参加者の2割がやってみようと思って実行するそうです。
そして、実行した中で、実務レベルに落とし込んで実際に成果につなげている人はその2割。
だから、4%という数字が出てくる。
100人のセミナーで4人が元を取っている。
そういうことになりますね。
では、なぜこのようなことが起こってしまうんでしょうか?
僕は2つの理由があると思います。

1つ目:わかると出来るを勘違いしてしまっている
====================
セミナーや勉強会に参加する人は意識の高い人です。
向上心もあることでしょう。
ただ、勉強することがゴールになってしまっている人が多くいるのも事実。
そして、一番よくないのは、理解したらできると勘違いしているケースです。
セミナーで知識を得ると、あたかも経験したような気分になります。
ですが、実際にやってみると所々出来ない部分があり、行き詰るものです。
それは、教えてもらったものと自社の前提が違うからです。
わかったことをできると勘違いしないで、
自社に落とし込んでやってみることを習慣化しましょう。

2つ目:復習する時間を取っていないこと
====================
ほとんどの人がセミナーを受けて満足してしまっていると思います。
でも、セミナーに参加したら自分の言葉でまとめなければ活用するレベルになりません。
最近、僕はセミナー後の懇親会になるべく出ないようにしています。
理由は、お酒が入って忘れてしまう前に、なるべくまとめる時間に充てたいと思っているからです。
内容をまとめるようになって、
自分の言葉でまとめないと、実践で活かせるようにはならないなぁ~と実感しています。

セミナーは無料のものから高額のものまでさまざまですが、
参加することで自分の大事な時間を消費してしまっているのは変わりません。
それを身のなるものにするために、
ちゃんと自分の言葉でまとめましょうというのが僕からの提案です。
まとめてみると結構いろいろなことがわかってきます。
そして、まとめると自然と実践にも移しやすくなります。
やってみて驚いたのは、
まとめるための時間はセミナーに参加したのと同じくらいかかるということです。
だから、セミナーに参加した後はそれ同等の時間をスケジューリングしておいた方がいいでしょう。
ほとんどの人たちが学んだだけで満足しているわけですから、
僕たちは4%の方に入っていきましょう!
************************************
最新情報やセミナー情報なども配信しています。
ご興味のある方は、
無料メルマガ【週刊秋葉塾~昨日よりちょっとマシな自分になろう!~】
にご登録ください。
毎週水曜日9時に、人生を豊かにするエッセンスをお届けします
https://s7.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=softcom
***********************************

pagetop