好きなことを仕事にする方がいい?

7月は当社初の試みとして、インターン生を1ヶ月受け入れました。
インターン生にもいい経験になったと思いますが、当社社員にも少なからずいい影響があったようです。
最終日にインターン生と面談を行い、色々質問されました。
中でも、仕事や会社の選び方についての質問が多かったです。
「好きな仕事にした方がいいのか?
それとも、やっていけば仕事は好きになるのか?」
このことについて、
宇多田ヒカルはこう表現してました。
「苦しい時もあるけど、
やらない方が苦しい」
素敵な表現ですよね。
仕事ってまさにそう。
好きだからやるのではない。
もしかしたら苦しいことの方が多いかもしれない。
でも、やらない方が苦しいというのが、仕事の本質なんだと思う。
どんどん二極化が進む。
今までの日本はエスカレーター的だった。
今後は技術革新により、今ほどお金がなくても生活して行けると思う。
でも、いい思いをしようと思ったら、自力でなんとかしないといけない。
どっち岸にいるかは自分次第。
人間って弱いから、辛くなるとついつい「ちょっとだけいいかー」
ってなってしまう。
このちょっとだけがクセになる。
この悪い習慣を如何につけないかがポイントだ。
彼には、
「仕事って、下っ端のうちはなんでもつまらない。
でも。力がついて来ると、仕事は面白くなる。
だから、仕事を面白くしたかったら、力をつけること。
20代は好きな仕事で力をつける期間にすればいい。」
そうアドバイスしました。
最近になって、若いうちの苦労は買ってでもしろという意味が、少しわかって来ました。
40代も若い部類に入るんだろうけどね。
************************************
最新情報やセミナー情報なども配信しています。
ご興味のある方は、
無料メルマガ【週刊秋葉塾~昨日よりちょっとマシな自分になろう!~】
にご登録ください。
毎週水曜日9時に、人生を豊かにするエッセンスをお届けします
https://s7.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=softcom
***********************************

pagetop