楽あれば苦あり

小学校卒業の時に、校長先生に自分の好きな言葉を書いてもらうというイベントがありました。
僕が書いてもらった言葉はコレ。
「楽は苦の種 苦は楽の種」
楽をすれば後で苦労を味わうことになり、逆に苦労をしておけば後で楽ができるということ(ことわざ)
小学生らしくないですね(笑)
でも、この言葉があったからこそ頑張れたのは事実です。
さて、当社は10月から新しい期が始まりました。早いものでもう15期です。
お陰様で2期連続で目標も達成できました。
今までは役員中心で会社が動いていましたが、昨期は社員が頑張ってくれました。
そして今後の会社の発展は、社員のさらなる成長にかかっていると思っています。
こうなってくると、社長である僕がボトルネックになってきたりします。
自分の変なこだわりが、会社と社員の成長を阻害するわけです。
そんなことを感じて、15期は新たなチャレンジを考えました。
(今期のテーマ)楽しみながら、達成する
僕には「苦労しなければ、成功しない」という呪縛があります。
成功するには努力が必要。だから成功と努力には相関関係が存在します。
でも、苦しい思いをすれば成功するという因果関係はないのです。
「楽しんで、達成する(結果を出す)」
これは、呪縛から一歩抜け出すためのテーマです。
具体的には、
・笑顔でいること
・チカラを抜くこと
・心も体も脳もリラックスした状態を保つこと
・全体を使っていくこと
・我慢すること
・待つこと
こんな感じでしょうか?
もちろんハラハラドキドキはありますが、これらが最大のパフォーマンスにつながるということを自分自身にインストールする一年にしたいと思います。

今週も「週刊秋葉塾」をお読みいただきありがとうございます。
楽しむためには基礎力が大事ということで、自転車通勤を始めようと思っています。そのためのロードバイクも購入しました。体が元気じゃないと余裕出ませんからね。
************************************
最新情報やセミナー情報なども配信しています。
ご興味のある方は、
無料メルマガ【週刊秋葉塾~昨日よりちょっとマシな自分になろう!~】
にご登録ください。
毎週水曜日9時に、人生を豊かにするエッセンスをお届けします
https://s7.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=softcom
***********************************

pagetop