仕事を受ける基準

格闘家の青木真也が、フリーでやっていく上で
仕事を受ける基準を話していました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170304-00010004-abema-fight
<青木流仕事を受ける基準>
=================================
【1】ギャラが良い:これは助かる。その分、他で好きなことができる。
【2】成長に繋がり、プロモーションになる:後から不足分のギャラ以上取り返せます。
【3】相手が好き:心の満足。これはこれで大切。
=================================
これはフリーでやっていくということでなく、
仕事のスタンスとして大切な考えだと思います。
【1】のギャラが良いということは、力がついている証拠です。
利益率の高い仕事は、その人の知識や経験が金額に反映されているわけですから、
それは素敵な仕事だと思います。
遠慮せずに受け取るべきだと感じます。
【2】の成長とプロモーションについて
学ぶことは、通常お金を払って行う行為です(学校なんかそうですよね)。
それを、お金を払わず行えるなんて素敵なことです。
そしてプロモーションについても、通常はお金を払わなければいけないこと(広告費)を
取材などで取り上げてくれるということ。
青木氏は柔道の指導をしていることを、NHKが取り上げてくれたことを例にしていました。
【3】の相手が好き。
仕事をする上で最も重要なことがこれだと思います。
以前に一度だけ、仕事の相談を受けて断ったことがあります。
理由は、相手のことをどうしても受け入れることが出来なかったからです。
相手のことを好きでないといい仕事はできない。
僕はそう思います。
このように、自分の中で基準を持っていると、
悩んだり、迷ったりすることがなくなります。
今は【2】の仕事をしているんだな。
今回の仕事は【3】だな。
と理解できるだけで、迷いが消え、一心不乱に取組むことができる。
その結果、いいリズムが出来、いい仕事に繋がっていくのです。
終身雇用制が崩壊し、働き方も多様化している今。
フリーで仕事をする人も増えるでしょうし、ダブルワークや
本業と副業を持ったりと、自分のライフスタイルに合わせて仕事を選ぶ時代になっていくでしょう。
そんな中でも人生を楽しむためには、仕事が楽しくなくてはいけません。
こういった自分なりの基準(ルール)を持つことは、
人生を楽しむ上で大切なことなんだと思います。

pagetop