いつの間にか、成長ってしているもの

当社は3年くらい前に、
中堅社員の退社が相次ぎ、空洞化が起こりました。
会社は10年目なのに、1年未満の社員が半数という割合。
新しい人材を採用して、
教育しながら売り上げを上げていかなければいけない。
経営的にとてもキツイ時期でした。
あれから3年。
2年ぶりに社員旅行を実施。
今回は箱根の富士屋ホテルさんにお世話になりました。
社員旅行もかれこれ5回目。
毎回いい社員旅行だなぁ~と思うのですが、
今回は予想を超えた良さでした。
アウトレットでのマネキンゲーム
ネタを仕込んだハイパー宴会
・サンシャイン石村
・ハライチ澤部グランプリ
・ブルゾンみなみ
・カオル&トヨ~なんでだろう~
・恐ろしい罰ゲーム
二次会カラオケ
ラーメン屋に行くも大人数過ぎて入らず、朝まで部屋飲みetc.
業務で忙しい中、思考を凝らしたゲームや
本気のネタを披露してくれた社員。
やる時の本気度が凄かった。
エネルギー量が半端なかった。
今回の社員旅行で気づいたこと。
それは、僕が想像していた以上に
みんな力をつけていたということでした。
まだ2年目、3年目だと思っていましたが、
もう僕の想像を超えて成長していたんですね。
そうすると、この質問が浮かんでくる。
「みんなの良さにフタをしていないか?」
まだまだだと思っていたけど、実はそうじゃない。
これは親が子供に抱く感情に似ていると思う。
「もっと任せていいんだな」
「もっと頼っていいんだな」
「もっと攻めていいんだな」
人はいつの間にか成長しているもの。
そんなことに気づけた、いい社員旅行でした。

pagetop