Staff Blog
スタッフブログ

イタリア旅行記 ポジターノ編|澁谷の旅行シリーズ

  • 追加する

こんにちは。
人生で初めて、旅行で食欲がなくなるという大惨事にみまわれた澁谷です。
イタリア旅行で食欲がなくなるとか、何しに来たんだ感が半端ないです。
若さっていうのは、永遠ではないですね・・・。(2回目)

今回、ゴールデンウィークを利用して夫婦でイタリア旅行に行ってきました。
去年のロンドン&ギリシャ旅行に続き、2度目のヨーロッパです。

成田空港からアリタリア航空を利用して、ミラノのマルペンサ空港へ。
飛行時間は12時間30分、時差は−6時間、12時半のフライトで、ミラノに到着したのは19時前でした。

今回の旅行日程は、南イタリアを満喫するプランでした。(プランニングはすべて嫁)

1.ミラノ
2.ポジターノ
3.カプリ島
4.ミラノ

澁谷家の旅行は、ツアーを一切利用しないので、すべて自分たちで手配します。
(ブッキングドットコム、Google翻訳ありがとう!!)

ミラノは復路での滞在がメインなので、まずはポジターノ編です。

ポジターノは、「地球に生まれてよかったー」で有名な織田裕二さん主演映画で一躍有名になったアマルフィ海岸にある街です。

崖に立ち並ぶカラフルな家々が美しい景色を生み出し、イタリア人の夏の観光スポットになっています。

日本でいうと伊豆的な場所?
景色は全然違うけど。

僕自身は、アマルフィは知ってたんですが、全然知らない街の名前に「?」だったのですが、嫁の強い要望でポジターノに行くことになりました。

ちなみにポジターノへのアクセスは、ちょっと面倒で、電車とバスとタクシーを使っていきます。ソレントという街を通るルートと、サレルノという街を通るルートの2パターンです。

※土日祝日はめちゃ混むので、要注意です。

今回は荷物もたくさんあったので、タクシーを事前に予約して、ナポリから直接ポジターノへ。130ユーロの定額制でした。
変なタクシー乗るとボラれるので、要注意です。

でも、正直タクシーが一番おすすめです。

そんなこんなでポジターノに到着。



宿は嫁が手配した「Villa Treville」
ポジターノの街から、少し離れた場所にあるナイスなVILLAです。

ここがまた何というか、すごく素敵な宿でした。
宿の中に見事な庭園、そして海の向こうに見えるポジターノの景色。
美しい緑と地中海の青い海、ポジターノのカラフルな家々。
こんな贅沢な宿は今まで泊まったことがない!!

庭園は地中海の強くもやわらかい光が差し込み、湿度のない心地よい暑さがさらに気持ちよく感じます。



お酒やカフェが楽しめるバーのテラスから見えるポジターノの景色は絶景。
インスタグラムでもたくさん写真がアップされている景色なので、嫁に100枚以上は写真を撮影させられる(いや、させて頂く)ことに。(笑)

そして、何といってもよかったのは、このVilla Trevilleからポジターノの中心に行く移動方法です。

宿専門のボートが9:00~19:00の間に送迎を行ってくれるんです。
宿に宿泊している人数も限られているので、ほぼ毎回貸切状態。

観光客であふれるポジターノの港に、ボート貸切で向かうのは本当に贅沢でした。
もちろんボートからの絶景写真も何枚も何枚も・・・。(笑)

ポジターノの街は崖に並んでいるだけあって、階段と坂だらけなのですが、可愛いお店や美味しそうな飲食店があって、普通に歩いているだけで楽しかったです。

もちろん撮影スポットもたくさん。
カメラと動画が趣味の澁谷夫妻にとっては楽園のような場所でした。

ぜひイタリア旅行に行かれた際には、ポジターノを訪れてみてはいかがでしょうか。

次回はポジターノから高速船30分で行けるカプリ島編です!

  • 追加する
澁谷

この記事を書いた人

営業

澁谷

新しいことが大好きで、「自分への投資だ」という名目で色んなものを買っています。

#澁谷の記事をもっと読む

お気軽にご相談ください