調子がいい時はマイナーチェンジ

1月7日より仕事初め。
年始の挨拶の後、花園神社にお参りに行き、その後みんなでご飯を食べて、年始の会議を行いました。
1月は組織の方向性を考えるいい時期です。
調子が悪い時は、一気にいろいろ変えればいいのですが、
調子がいい時はどうすればいいか迷いますよね?
変えて調子が悪くなったら嫌だし、
変えずに飽きがくると、負のスパイラルに入っていきます。
そこでオススメなのが、
「マイナーチェンジを繰り返す」
という方法です。
マイナーチェンジは小さなチャレンジです。
うまく行かなかったら元に戻せばいいだけです。
このマイナーチェンジ、
3年くらい繰り返していけば、フルモデルチェンジになります。
つまり、一気に変えなくても変革されていくということなんです。
いつも適度な刺激を与えながら、現場の人達が変化を楽しめて、飽きない状態を作ること。
これが、経営者やリーダーの役割なんだと思います。

今週も週刊秋葉塾をお読みいただきありがとうございました。
お正月休みは9連休。
休み明けにある社員が「流石に仕事したくなりました!」
って言ってきました。んー、健康だー。
************************************
最新情報やセミナー情報なども配信しています。
ご興味のある方は、
無料メルマガ【週刊秋葉塾~昨日よりちょっとマシな自分になろう!~】
にご登録ください。
毎週水曜日9時に、人生を豊かにするエッセンスをお届けします
https://s7.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=softcom
***********************************

pagetop