楽しむことは優先順位の何番目?

株式会社学研ホールディングス学研教育総合研究所 が
「なりたい職業ランキング(小学生白書2016)」を発表しました。
http://www.gakken.co.jp/kyouikusouken/whitepaper/201609/chapter7/01.html
今回、ユーチューバーがランクインしていたことで、賑わいをみせた小学生白書。
ウチの子もユーチューバーの動画をよく見ていて、
妻は「ユーチューバーだけにはならないでね」と今から言っています。
でも、テレビに出たい欲求は強いようで、
この辺、僕に似たのかな(笑)と思います。
ボクらの時代のなりたい職業は、
野球選手とパイロットが人気でした。
理由はカッコイイことと、お金がいっぱい貰える(という噂?)からです。
そこで、ユーチューバーの年収を調べてみました。
Youtuber年収ランキング
========================
1位:HIKAKIN 1億3142万682円
2位:はじめしゃちょー 9679万8783円
3位:ピコ太郎 8509万361円
4位:Kan&Aki Channel 7716万1320円
5位:AAAjoken 7377万4568円
6位:ヒカル 6338万1955円
7位:マックスむらい 5714万3657円
8位:キッズライン 5682万1732円
9位:ミラクルぐっち 4909万2467円
10位:アンパンマンおもちゃ 4783万7348円
11位:SEIKIN 4399万2544円
12位:レオンちゃんねる 4181万7121円
13位:木下ゆうか 3375万7497円
14位:ポッキー 3212万4595円
15位:水溜りボンド 2909万9893円
========================
これ以外にもイベント出演者や書籍などでも稼げますから、凄い金額ですね。
事業家として稼いでいたヒロミも、芸能界が一番いいと言っていました。
僕は誹謗中傷の多いあの世界ではメンタル的にムリですが…
ヒカキンを見てて思うのは、やっぱこういうことが心底好きなんだなということです。
楽しんでやってますよね。
だからユーチューバーとして稼げなくなっても、似たようなことをやっている気がします。
何かを選択する時大切なことは、
「好きであること」と「楽しんでやれること」。
『損か得か』や『楽できるか』ということではなく、
『好きか・嫌いか?』『面白いか・面白くないか?』。
迷ったら、この2つを自分に説いてみる。
もし儲かったとしても、好きじゃなかったら不幸ですし、
もしうまく行かなくても、好きなら続けられる。続けていれば必ずいい思いができる。
『面白いかどうか?』ということの
優先順位を上げる。
そうすると、人生は好転していく。
楽しむという判断基準は、
とても大切で、とても強力だと思うのです。

pagetop