沿革

10周年を迎えることが出来たのは、
ステークホルダーの皆様のおかげです!!!
  1. 初めは2人からのスタート。そして・・・。 実は弊社代表の秋葉は、創業時専務だったそうです。
    3か月後、元代表と決別し、その翌年に代表取締役に就任したとのこと。
    1年目は代表の秋葉とアルバイト2名と秋葉の彼女(のちの秋葉の妻)で乗り切ったそうです。その時の秋葉はギラギラしていて、あなたとは一緒に仕事したくないと彼女に言われたらしい
  2. 福ちゃんこと福田専務加入。 20代の頃アルバイト先で知り合った弊社代表と専務の福田氏。
    その後一緒の会社でサラリーマンとして働いていましたが、福田氏は実家の家業を継ぐことになり離れ離れに。
    その3年後、秋葉氏からの熱烈なラブコールに応え、SCに加わることになりました。
  3. 初の女性社員! 最初の中野オフィスは1フロアに男女共同のトイレが一つしかなく、とてもきれいとは呼べないものでした。
    そんな中、女性スタッフが入社を希望。
    代表の秋葉は「トイレこんな感じだけど大丈夫?」と確認。
    「全然気にしません!」という返事に入社をOKにしたそうです。
    彼女はのちの福田専務の奥さんになりました。
  4. いざ、中野駅近くのオフィスへ移転 最初のオフィスは中野ブロードウェイの奥にある徒歩10分くらい9坪のオフィス。
    そこから中野駅前の20坪のオフィスへ移転。
    念願の綺麗なトイレも手に入れる。
    福田によるウォシュレット設置が完了後、引っ越しの幕が切って落とされました。
  5. 三顧の礼で石村氏を口説き落とす。 秋葉、福田が以前働いていた会社の先輩である石村氏を三顧の礼で口説き落とし、常務としてSCに降臨。
    ここからSCの営業力が一気にグレードアップすることになりました
  6. スタッフも増え、鳥小屋化するオフィス環境 広かった中野のオフィスも15名を超えると手狭に。
    レイアウト変更を繰り返しても、どうにもこうにもいかなくなる。
    しかも、換気環境が悪く、空気もこもるし。
    そろそろ移転しないとどうにもならない状況になってきた。。。。
  7. いざ!新宿へ! 慣れ親しんだ中野との決別。
    成長には痛みが伴うといいますが、中野を離れるのは悲しいものです。
    しかも次に選んだ場所は、大都会新宿。
    しかも、歌舞伎町からほど近い新宿6丁目。
    風紀は大丈夫か?治安は大丈夫か?
  8. 初の四大卒新卒者採用 なかなか新卒採用には着手できなかったところ、変なご縁から新卒者を採用することに。
    今まで経験者を採用していたため、急きょ教育プログラムを作ったり、社内整備をしたりと大忙し。そのかいあってか、すくすくと成長していく嵯峨氏。
    役員の中では「新卒いいなぁ~」という意見が一致し、翌年の新卒採用活動に力を入れ始める。
  9. 秘密兵器R-BOXでエントリー数300オーバー 2015年の新卒採用のために用意した秘密兵器「新卒採用サイトR-BOX
    新卒者が欲しい情報のてんこ盛り!をコンセプトに、新卒者である嵯峨氏の構想の元、商品開発を行う。
    その結果、エントリー数300オーバー。
    実際に4名の新卒者を採用することが出来ました。
  10. あれから10年。2005年3月15日、晴れ。
    何もないオフィスにぽつんと2人で始まったソフトコミュニケーションズ。
    インターネット集客を行うサイトを3つ立ち上げ、
    PPC広告を出したにも関わらず、電話が開通していなかった。
    「どうやって仕事とるんだ!」と喧嘩したあの日。

    今や20名を超えるスタッフといいお客さん、
    頼りになるパートナーに支えられながらこの日を迎えることが出来ました。

    これからの10年も共に成長し、共に歩んでいけるよう、
    スタッフ一同前向きに取り組んでいきますので、
    どうぞご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願いします!