代表挨拶

コミュニケーションをデザインすることを通して、関わる人や企業を笑顔にしたい。

記念すべき10年という節目の年

2015年3月15日。
ソフトコミュニケーションズ株式会社は、
WEBサイト制作やクリエイティブデザインを提供する企業として、中野の9坪のオフィスからスタートしました。
2人で始めた事業も今は20名を超え、売り上げも堅調に推移させていただくことが出来ました。これもすべて支えてくださったステークホルダーの方々のおかけだと思っております。この場をお借りしてお礼申し上げます。

創業当初から変わらない信念があります。
それは、「人と人とのつながりを意識したアナログなコミュニケーションを大事にする」ということです。
ITと呼ばれる分野でサービスを提供している我々にとって、この考え方をもつ経営者は珍しいかもしれません。また、効率が悪い考え方かもしれません。
しかし、人と人とがやり取りする世の中において、心のつながりほど強いものはないと考えます。
デジタル技術を有効活用しながらも、人と人とのつながりを重視すること。
効率が悪くても、心あるサービスを提供すること。
これが「コミュニケーションをデザインする」という考え方だと思うのです。

”中期ビジョン「Road To 2020」”
当社はこのたび、4つの事業にチャレンジしてまいります。

  1. 1、コミュニケーション・デザイン事業
  2. 2、ソリューション・デザイン事業
  3. 3、ブランディング・デザイン事業
  4. 4、クリエイター・エデュケーション事業

の4事業です。

2020年には東京オリンピックが開催されます。
日本には今以上にさまざまな文化が入ってくることでしょう。
当社も外国人社員が入社し、グローバールな視点をもったサービスを提供できるようになってきました。

中期ビジョン「Road To 2020」
当社が掲げた2020年に向けた航海図です。
「コミュニケーションをデザインすること」を通して、関わる人々や企業をハッピーにすること。
そして世の中をよくするサービスを提供していくことが我々の使命だと考えております。

代表取締役社長 秋葉 薫