教育よりもたいせつなもの

今回はズバリ言います。
それは「採用」です。
そんなの当たり前じゃないかって思われるかもしれません。
しかし、本当に採用にエネルギー注いでいますか?
仕事以上にパワー使っている人、ほとんどいないのではないでしょうか?
僕自身もそうでした。
優先順位はいつも
『仕事>教育>採用』
でも、トップが力を入れなければいけないのは
『採用>教育>仕事』
なんです。
これを確信したのは、お正月に中学時代のバスケの恩師と話したからです。
全国でも有名な名将なのですが、恩師が退職したあと指導していた高校は県大会でも勝てなくなってしまいました。
理由はいい人が集まって来なくなったからだそうです。
どんな名将でも人材があつまらないと勝てないんだということを知りました。
名将でもそうなんだから僕らはなおさらです。
いい人はすぐに取られてしまいます。
だから中小企業の採用は基本スカウトです。
”いいなと思う人がいたら口説く”
それくらいの心意気じゃないといい人なんか採用できません。
面談は選考じゃなくて説得の場です。
当社もいい人が見つかったら口説いています。
口説かれて嫌な思をする就活生はいないのではないでしょうか。
3月から就活生も動き出します。
コロナ禍で大手の採用が後手後手になっている今がチャンスです。
「人を雇うと固定費が増えるからなぁ〜」なんて言ってる場合じゃありません。
ここは腹を決めて思い切った決断をしていきましょう!
3年後の未来を見据えて。
*********************************
今週も週刊秋葉塾をお読みいただきましてありがとうございました。
名将に教わってたのに結果が出なかったのは素材が悪かったからですね。
この文章書いて気づきました…… 悲しぃ〜
*********************************

pagetop