三大補助金ラストは小規模事業者持続型補助金

今年狙い目の補助金ラストは「小規模事業者持続型補助金」
有名な補助金でありますが、
「どうせ従業員5名以下でしょ」と言われることが多い補助金でもあります。
ほとんどの事業者が当てはまらないと思いがちだと思いますが、実はそうではありません。
まずは対象となる事業者の定義を見てください。
❏小規模事業者の定義
<業種>                 <人数>
商業・サービス業(宿泊/娯楽業を除く)  常時使用する従業員の数 5人以下
サービス業のうち宿泊業/娯楽業      常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他               常時使用する従業員の数 20人以下
これをみると、サービスを提供する事業者(宿泊・娯楽業以外)はほとんど当てはまらないように見えます。
そこで、各区分について詳しく見ていきます。
◉業種の考え方

注目してもらいたいのは『製造業』の部分。
これを見ると、何かを新たに作ることは”製造業にあたる”ことになります。
つまり、ここでいう『商業・サービス業』は仕入れたものをそのまま売る商売ということで、それ以外は『製造業』の部類に入るということです。
そうなると当てはまる事業者は多くなるのではないでしょうか?
❏申請について
条件に当てはまるのであれば、申請準備の段階になります。
まずこの補助金は2つの申請パターンがあります。

❏具体的に使える経費
小規模事業者持続型補助金の最大のメリットは、販売促進費用に使えるということです。
つまり、売上を作るために必要な経費を補助してくれます。
下記は補助してくれる主な経費の例になります。
結構幅広い販促活動に対して補助してくれることがわかります。

❏採択率
令和2年(2020年)に実施された小規模事業者持続型補助金の実績をまとめました。
コロナ特別枠は、令和3年は『低感染リスク型ビジネス枠』となります。
早い公募時期の方が採択率が高く、応募数も少ないことがわかります。
早めに準備して進めていくのが重要ですね。
ちなみに次回締切は【6月4日】です。

❏採択した企業
実際に採択された企業はこちらから確認できます。
【第3回締切の採択者覧】https://r1.jizokukahojokin.info/index.php/saitaku#saitaku3
新規開拓・販路拡大・コロナ対策での採択が多いようです。
ミラサポのサイトでも事例が掲載されておりますので参考にしてみてください。
(事例)キャッシュレス対応のレジを導入し、非接触型決済で感染リスクを軽減させ、昨年並みの売上、さらには前期以上の売上の確保を目指す。
https://jirei-navi.mirasapo-plus.go.jp/case_studies/1475
❏まとめ
小規模事業者持続型補助金は販売促進に直球で使えるため根強い人気のある補助金です。
今年は事業再構築補助金が主役になりそうなので、もしかしたら倍率はグッと下がる可能性があります。
この補助金は事業計画書を作成する必要があります。
作成方法については下記に相談して必要書類や申請までの流れを確認してみてください。
商工会議所の会員でなくてもこの補助金は活用可能です。
------------------------------------------------------------------
【お問合せ先】
・(独)中小企業基盤整備機構 生産性革命推進事業コールセンター TEL:03-6837-5929
・最寄りの全国商工会連合会・各都道府県商工会連合会
------------------------------------------------------------------
詳細はこちらのサイトをご確認ください。
https://r1.jizokukahojokin.info/
❏最後に
いかがでしたでしょうか?
3週連続で事務的な内容のメルマガとなりましたが、今の時期大事なのでお伝えしました。
今回ご紹介した補助金の話をお客様や会う人にしますと意外と知らないことにびっくりします。コロナで厳しい状況だからこそ、国の支援を活用してビジネスを推し進めていくべきだと思っています(いつも頼るのはよくないですけどね)。
ご紹介したものをまとめますと、
【事業再構築補助金】・・・新規事業を立ち上げ売上を伸ばす”攻め”の補助金
【IT導入補助金】・・・ITにより業務効率で生産性を高める”守り”の補助金
【小規模事業者持続型補助金】・・・売上アップを支援する”攻め”の補助金
国も税金を投下して経済を回そうと考えています。
これはチャンスです。しかも、いつ終わるかわからないチャンスです!
遠慮はいりません。この流れに乗っていきましょう!
***************************************
今週も週刊秋葉塾をお読みいただきましてありがとうございました。
今回ご紹介した三大補助金以外にも「ものづくり補助金」はホットな補助金です。
一般型なら上限1,000万円(補助率1/2)。
低感染リスク型ビジネス枠だと1,000万円(補助率2/3&販促予算もOK)となります。
こちらも活用したい補助金です!
https://portal.monodukuri-hojo.jp/
***************************************

pagetop