ゼロイチ。イチジュウ。ジュウヒャク。

人の能力特性を大雑把に分けると
「0を1にするのが得意な人」
「1を10にするのが得意な人」
「10を100にするのが得意な人」
の3つに分かれます。
一番不幸なのは、1を10にするのが得意なのに、
他の分野の仕事をしていることです。
よく「好きなことを仕事にした方がいい」とか言いますが、
僕はこちらを重視した方が、仕事は100倍楽しくなると思っています。
逆に言うと、仕事は何でもよくて、仕事上で自分の特性に合ったことができているかどうかが重要だということです。
僕には2つ上の兄がいて、
0を1にするのが得意な人でした。
小さいころから勉強ができて、
今は研究者として日々頑張っています。
2つ上の兄に影響されてか、
0を1にすることがとても価値のあることだと思っていました。
というよりも、憧れていたという方が正しいかもしれません。
そして、ずっと苦しんでいました。
憧れの影響力って大きいですね。
僕の特性は1を10にすること。
これに気づくのに結構な時間がかかりました。
「前だけ向いている人」
「動きを止めない人」
そんな人は自分の特性を無視して、
憧れを追い続けている傾向が強いと感じます。
そんなこと続けていたら、一部の天才を除いて疲弊してしまいます。
特性を知ることは大事です。
では、どんな方法で自分の特性を知ることができるのか?
そのヒントは、小学生、中学生、高校生の時の自分に眠っています。
「どんな時に上手く行ったのか?」
「どんな時に調子がよかったのか?」
「どんな時が労せずして結果を出せたのか?」
「どんな時に周りの人が喜んでくれたのか?」
こんなことをぼーっと考えていると、
ふといろんなことが繋がっていく感覚を得られると思います。
それが答えかどうかはわかりませんが、
確実にヒントとなることは確かです。
そろそろ夏休みが始まりますね。
「夏休みは自分の特性を探る時間に充てる」
そんな素敵な過ごし方もいいかもしれません。
************************************
最新情報やセミナー情報なども配信しています。
ご興味のある方は、
無料メルマガ【週刊秋葉塾~昨日よりちょっとマシな自分になろう!~】
にご登録ください。
毎週水曜日9時に、人生を豊かにするエッセンスをお届けします
https://s7.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=softcom
***********************************
カテゴリー
BLOG
月一名作会
新卒採用
おしらせ
アーカイブ
  • 2024年6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

pagetop