自分のピークっていつだろうか?

いつもメルマガ週刊秋葉塾をお読みいただきましてありがとうございます。
塾長の秋葉です。
今週も「昨日より少しマシになるための気づき」をお送りさせていただきます。

『自分のピークっていつだろうか?』
そんなこと考えてみたことありませんか?
僕は45歳になってちょっと考えるようになりました。
ピークといっても人それぞれだと思いますが、
僕が思っているピークの定義は
1.知識や経験に対して自信が持てる状態
2.体力も気力もある状態
この2つが重なったてっぺんがピークだと思っています。
今の仕事は28歳から始めました。
ずっと働こうと思っているので、
70歳まで働いたとします。
そこで、プロダクトサイクルに当てはめて考えてみました。
<プロダクトサイクル>
30代前後・・・導入期
40代前後・・・成長期
50代・・・・・成熟期
60代以降・・・安定・衰退期
これに当てはめると、今思っている自分のピークは55歳くらいかなと。
あと9年後です。
そんなことをモヤモヤ考えている時に、
清水博先生のセミナーに参加しました。
先生は東京大学名誉教授でありながら、NPO法人「場の研究所」の所長でもあります。命と場について、様々な研究をされている大先生です。
現在86歳。
質問のコーナーがあり、思い切って質問してみました。
「先生のピークはいつだったと思いますか?」
先生は、
「発想とか体調とか考えると10年前の方がいい。
しかし、経験とか、見えるものとか、トータルで考えると今は今であの時より上。」
とおっしゃりました。
そして、
”如何に、自分が周りや環境に必要とされる存在であるか?
必要とされていて、場を活性化しているのであれば、
年齢なんて関係ない。”
ということも、教えていただきました。
ピークを考えている自分って、自分のことしか考えていない。
先生は「場」を中心に物事を考えている。
だから発想が全然違う。
大変失礼な質問に真摯にお答えいただき、感謝しております。
そして、もっともっと「現場」に目を向けなければいけないなと。
現場とは、スタッフであったり、クライアントであったり、取引業社であったりです。
そこには自分が成長し、必要とされるヒントがたくさん隠されています。
自分都合のピークではなく、場におけるピークを目指していこうと思います。

今週も週刊秋葉塾をお読みいただきましてありがとうございます。
最近とても眠い。
疲れが溜まっているのかなぁ~って思っていたのですが、花粉のアレルギーのようです。
直接のどとか鼻水に出ないのですが、こういう攻撃をしてくるんですね。
春は気候的にいい季節なのにね。
************************************
最新情報やセミナー情報なども配信しています。
ご興味のある方は、
無料メルマガ【週刊秋葉塾~昨日よりちょっとマシな自分になろう!~】
にご登録ください。
毎週水曜日9時に、人生を豊かにするエッセンスをお届けします
https://s7.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=softcom
***********************************

pagetop