盛和塾世界大会FINAL

盛和塾で学んで約5年。
今年で最後となる第27回盛和塾世界大会に参加してきました。
1万5千人もの経営者が集まった今回。
最後ということもあってすごい熱気でした。
稲盛塾長の教えは「従業員の幸せを実現しながら経営の数字を上げていくこと」。
塾生による成果発表では、大口取引先との解約、パートナーの死、原価の高騰、震災など大変な苦労をされながらも、経常利益10%や20%を出している経営にとても刺激を受けました。
そして一番楽しみにしていた塾長による講話。
内容は「フィロソフィを社内にどう浸透させるか?」
------------------------------------------------------------------------------------
人として正しいことを続けていくことが大事。
そうすることで、宇宙の力とつながっていくものである。
だから、組織も正しい心を持つようにしなければいけない。
正しさの指針としての「フィロソフィ」。
そのすべてを社長ができなくてもいい。
社長含め、フィロソフィにあった人材になろうとする行為こそが尊いのだ。
------------------------------------------------------------------------------------
稲盛塾長も京セラフィロソフィを完璧にできているわけではないということでした。
しかし、できていないからといって、スタッフに言わないというのは間違いだと。
「正しいことだからやっていこう」という行為が大切だということでした。
「社長だってできていないじゃないですか!」
そう言われるのを嫌い、できる範囲でのフィロソフィにしていた部分はあります。
しかし、それではダメなのです。
全従業員が幸福になるためにどうするか?ということを考えて、
そのために必要なフィロソフィを作り、実行していくことこそが大事なのだと。
この2日間、いろいろな話を聞いて、投資という視点が足りていないことに気づかされました。
当社の場合の投資は、採用と教育です。
やってはいるけど、中途半端な活動になっていたと感じます。
「今で満足してはいけないな」
そう感じた最後の世界大会でした。

今週も週刊秋葉塾をお読みいただきましてありがとうございました。
今回が塾長による最後の講話でした。
直接講話を聞けないのはとても寂しいですが、
CDやDVDで学習を続けたいと思います。
************************************
最新情報やセミナー情報なども配信しています。
ご興味のある方は、
無料メルマガ【週刊秋葉塾~昨日よりちょっとマシな自分になろう!~】
にご登録ください。
毎週水曜日9時に、人生を豊かにするエッセンスをお届けします
https://s7.blayn.jp/bm/p/f/tf.php?id=softcom
***********************************

pagetop