役員合宿に初参戦

いつもメルマガ週刊秋葉塾をお読みいただきましてありがとうございます。
塾長の秋葉です。
今週も「昨日より少しマシになるための気づき」をお送りさせていただきます。

『役員合宿に初参戦』
毎年6月になると役員3人で来期の計画のため1泊2日の合宿を行います。
検討する内容は
●来期の方針
●数値計画
●人員計画
●ルールの見直し
最近は人数も増えリーダーも育ってきたこともあり、
役員だけで細かい部分まで決定することにちょっと違和感を感じていました。
「大枠だけ決めて、具体的にはスタッフに決めてもらった方がやりやすいのではないか?」
こういう意見が役員間でも出てきたこともあり、
今回からスタッフにも参加してもらうことになりました。
参加したのは2名のリーダー。
よく嫌がらずにきてくれたなぁ~って思います。
本心は嫌だったのかもしれませんが(笑)
役員会当日。雨。
九十九里の国民宿舎まで移動して合宿スタートです。
朝9時から始めて、翌日のお昼までという長丁場。
結果、参加してもらって良かったなと。
理由は大きく2つあります。
一つ目は、客観的な視点で計画をみれたこと。
いつもはどうしても主観的な見え方になってしまいますが、
スタッフが参加してくれたおかげで、客観的な視点で計画をみることができました。
これ、とても大きな成果です。
そしてもう一つは、社員の意見が聞けたこと。
宿題で事前にみんなの不満や要望を持ってきてもらうように頼んだのですが、いろんな意見が上がってきました。
総じていえるのは「ルールを決めてほしい」ということ。
「自由が一番!」って思っている役員陣からすると、とても新鮮でしたね。
スタッフが会社経営に関わってくれるというのは個人的にはとても嬉しいことです。
自分たちで考えて、事業を進めていくという経験は貴重だと思います。
そして、このことが自発性につながります。
最近、組織の中でちょっとマンネリ感があったので、
今回の試みはいい刺激になったのではないでしょうか。
そして何より、主体性をもつきっかけにもなったと思います。
できたら来年、参加するスタッフが増えるといいですね。
そうなったら、もっと面白く、もっとワクワクする感じになると思います。
僕のセルフイメージはドラゴンボールでのナメック星の最長老。
今回の試みはこれとも合っていると思います(^^

今週も週刊秋葉塾をお読みいただきましてありがとうございました。
役員合宿はいつもハードで、今回も1週間くらい疲れが抜けなかった。夜、日本酒飲みすぎたというのもありまが・・・・・・。

pagetop