もっと自分に期待しよう!

息子の中学受験まであと5ヶ月。
最近、受験のことでもめることが多くなってきました。
現在の偏差値は46。44スタートからなかなか上がってきません。
こんな状況なので、塾も妻も今の偏差値で入れる学校を選んでいました。
体験入学した学校の校舎がきれいだったこともあり、そこに行きたいと言い出した息子。完全に洗脳されてしまっています。
まじか!ほんとにそこでいいの?
僕は猛反対。
まだ5ヶ月ある。もっと上を目指せるんじゃないかって思ったのです。
行こうとしている学校は息子には合わない校風だったこともあり、
よくないと頭ごなしに否定してしまった。
これがよくなかった……
「だったらお父さんがやって!」
ということになり、学校選びと勉強を見ることは僕にバトンタッチ。
結構時間とられるなぁ〜ってちょっと後悔。
それで実際勉強内容をみてみると。
取り組み自体悪くない。量もやれている。
だったら、やり方が間違っているか熟成期間かのどちらかかと思いました。
1週間後。
以前受けたテストの結果が帰ってきました。
結果は偏差値51。2科目だと55までいってました。
「何がいままでと違った?」
って聞いたら、
「なんか解ける!解ける!」って思ったそうです。
いい感覚ですね。
たまたまかもしれませんが、目標を超えるというのは大切なこと。
一度超えると超えるイメージがつくので次からは違います。
ちょっとだけ自信がついた息子
「今の偏差値だったら他の学校も狙えるけど、どこかいきたいとこある?」
って聞いたら、別の学校が出てきました。
やっぱりそういうことなんです。
さすがにその学校は相当頑張らなきゃいけませんが、
上を向けるようになったのはよかったです。
自分に期待すると、力のなさに直面します。
”こんなのもできないのか?”
”こんなこともわからないのか?”
”なんで気づかなかったんだ”
悲しい…つらい…
だから言い訳を探したり諦めたりしちゃうんだと思います。
そこをぐっと我慢して、何クソって思い、一個ずつクリアしていく。
コロナ後の世界が始まりました。
今後についていい話は聞きません。
でもこれに染まってはダメです。
結果を期待しちゃうから無理とか難しいと思ってしまうんです。
自分の可能性を信じて、一つずつ真剣にやっていきましょう!
もっと自分に期待して、可能性の炎を消さないようにしないといけませんね。
********************************
今週も週刊秋葉塾をお読みいただきましてありがとうございました。
偏差値50を超えたので約束のゲーム課金をしてあげました。
その結果、ゲーム時間が伸びるという現象が。
これでよかったのだろうか…
********************************

pagetop